現代の高等遊民 blog

現代に降り立った高等遊民が徒然なるままに書き殴ったブログ

人狼殺|9人標準局ー人狼の戦略ー

f:id:tax1729:20180902183531p:plain

人狼殺の9人標準局での人狼の戦略を解説します。初めて9人標準局の人狼に参加する人向けです。この記事を読めばひと通りセオリーがわかると思います。

9人村役職構成

村人(役職なし) 4名
占い師 1名
ハンター 1名
狩人 1名
人狼 2名

勝敗条件

村人陣営:人狼を全員処刑する
人狼陣営:村人陣営と人狼の人数が同じになる

人狼の基本戦略

まず覚えて置くことは、 9人標準局で人狼陣営はかなり不利だということです。よく考えると、6人村から3人の村人が増えただけなので、人狼は相当不利です。もし人狼に配役されたら覚悟しましょう。

まずは村人の戦略を知って村人の気持ちになることが大切です。

人狼殺|9人標準局の村人の戦略 

占い師をカミングアウトする場合

まずは、最もオーソドックスな占い師をカミングアウトする場合を考えてみます。その場合、基本的には左側を占いましょう。左占いというセオリーを無視して怪しまれるのは避けたいところです。

もし相方の人狼と隣り合った場合は、相方を占って白出しするのがセオリーとなります。注意すべきは白出しした相手が占い師だった場合です。その場合、即人狼であることが確定されてしまいます。このときは、状況によって自爆してもよいでしょう。

1回目の昼

1日目の昼に大切なことは、釣られないことです。もともと人狼不利な村なので1日目で釣られてしまうとかなり厳しいです。しっかりと考察を落として村人アピールをしましょう。さらに初日に占い師を釣る流れにはなりにくいので、次の夜に占われないようにしましょう。

初日の昼は他プレイヤーの役職を見極める必要があります。特に誰が狩人かを見極めましょう。

人狼陣営は初日の昼に黒出しすのはあまり進められません。かなり不利になります。理由は以下で解説しました。

人狼殺|9人標準局で人狼が初日に黒出ししてはいけいない理由

2回目の夜

2回目の夜は、狩人を殺しに行くか、人狼陣営に不利になりそうなプレイヤーを殺しましょう。1日目の昼にしっかりと村人の様子を伺うことが大切です。

2回目の昼

2回目の昼は、占い師のどちらかが釣られることになるでしょう。ここで真占い師と村人から思われれば人狼陣営勝利に近づきます。もし処刑されたとしても、村人陣営にもしかしたら真占い師だったかもしれないと思わせることが大切です。

9人村標準局ではできるだけ確定白を少なくしないと人狼陣営は勝てません。村人陣営にはどちらの占いが正しいかわからないという状態にさせることが大切です。

占い師をカミングアウトしない場合

次に占い師としてカミングアウトしなかった場合を考えて見ましょう。

人狼陣営がカミングアウトしないと平和村となり、真占い師が確定します。この場合、村人陣営はフルオープンの戦略を取ることになります。すると、下図のようになります。

f:id:tax1729:20181015232211p:plain

白は占い師が占った村人

次の夜人狼は狩人を噛むのがセオリーです。狩人は占い師を守っているので占い師を噛んではいけません。すると2回目の昼は以下のようになるでしょう。ここでは、占い師が村人を占ったと仮定します。

f:id:tax1729:20181015234243p:plain

灰色はすでに死んだプレイヤー

さて、この時点で人狼陣営の負けが確定していることがわかるでしょうか。この段階で確定白が4人、グレーが3人となりグレーのプレイヤーより、確定白のプレイヤーが多くなります。よって、グレーの中から順番に処刑していけば、村人陣営の勝利となります。

つまり、平和村となった場合、確定白を増やさないことが人狼の戦略となります。なので2回目の夜になった瞬間(占い師が結果を述べる前)に自爆することが最も良い戦略となります。

もちろん、これは初日に役職を持っていない村人を占った場合の話です。しかし、初日で役職持ちを占う可能性は低いので、人狼陣営としては平和村は避けたほうがよいでしょう。

  

その他の戦略についてはこちらから

人狼用語、有名プレイヤーについてはこちらから